限度額の増額

カードの限度額が足りないとお悩みの方へ・・・

兄弟のハワイの結婚式に参加するための旅行費用が急きょ必要になった、不景気の影響からボーナスがカットになって自動車のローンが支払えなくて困った、突然のケガや事故で多額の入院費用が発生した...etc 突然の大きな出費時にキャッシングの限度枠が足りないのはきついですよね。当サイトは限度額の増額の方法について特集しています。

借金も信用が大切です

借金をしたいけれど、どこも貸してくれない人が世の中に沢山存在しますが、そんな人達の共通点とは何だと思いますか。 答えは簡単、信用力が極端に低いという事です。 例えば、過去に借金を滞納や延滞をした人がその典型的なパターンです。 お金を借りると言う事は、貸す方にしてみると、本当に返してくれるのかが、まず大きなポイントになります。 過去に借金を滞納や延滞した人など問題外で、新たに借金の申し込みをしても審査で却下されてしまうのです。 また、住所が不定であったり、就職をしていなくても就職をしているかのように嘘の申告をしてもいけません。 結局の所、借金をする事一つをとっても信用力が無い事には始まらないと言う事なのです。 普段から真面目にする事が何より大切なのです。

借金は一生に一度と決めるべき

私は個人的に借金は大嫌いで、サラ金やカードローンも利用したことはありません。 クレジットカード決済は借金ではないのか、と言う人もいますが、私は残高不足で給与待ちの状態ではクレジットで買い物は絶対にしません。 何かあったときに支払えなくなる可能性があるからです。 どうしてもお金が必要な事もあるでしょう、そんな時の為に借金は一生に一度、そう心に決めていれば借金地獄に陥ることはなくて済むと思っています。 日々の生活費が足りないのならそれなりの生活をしながら働けば良いと思っています。 普段の生活の為に一度借りて楽をしてしまったら逃げられなくなります。 消費者金融は派遣会社と提携して、お金を貸すと共に労働契約を結び、返済の当てがない場合には派遣扱いでも仕事を探してあげても良いと思います。 もちろん良心的な派遣業に限ります。

借金について思う事

借金について思う事は、いろいろな事情があるでしょうが やっぱりダラシナイイメージを持ってしまいます。 というのも身近な人が株に手を出して借金をして どうにもこうにもならなくなり、自己破産してしまい 社会的信用を失ってしまったのを知っているからです。 生活苦というよりもギャンブルのようなものですよね。 また別の友人も東京での生活で足りない生活費を どんどんカードローンで使ってしまい1年間で100万近く 借金していました。 これもお金がないならないで、つつましく生活すれば こんなことにはなっていないと思うので聞いた時には 本当に驚きました。 こういう事があったので、自分自身は お金がないのに、物を買ったり、借金などしないよう 身の丈に合った生活を心がけて贅沢はしないようにしています。

借金は恐い・・・

借金は恐いです。単にお金がないことよりも、もっと恐い。それは何と言っても、利子がつくからです。なーんにもしなければ、返済総額がどんどん増えていきます。 僕も経験ありますよ。一時は利子だけで、1月3万円以上を払ってました。そうすると貧乏サラリーマンだから、遊ぶ金がない。それで借入の上限枠を上げてもらい、ますます借りる……。借入元金が増えれば、利子はますます増える。あのころは完全に悪循環に陥っていました。 あの時に得た教訓としては、お金がない時も借金はしない、ということです。「お金が無いから」という理由で借りて、返済の時だけお金があるわけがありません。ローンもまったくやってないですね。まあ車や家だとローンを組まずに買うことは無理でしょうが、幸か不幸か買う機会がないので(笑)

時と場合により印象は違う

借金といわれると、一般の方々はマイナスなイメージを持ってしまうと思いますが、私はその借金が何か特別な目的のために必要だというのであれば致し方ないものだと考えています。 私自身、大学生時代には進学するためにお金を借りていましたし、その人の事情によっては借金は避けられないものとなります。なので、私は自分自身の体験から借金に対して必ずしもマイナスなイメージをもてないのです。むしろ苦労されていて偉いなと思うことすらあるかもしれません。 しかし、返済の計画もなく借りているのは非常に愚かだと思います。私も借金をしていたものの、一生懸命勉強してなんとか就職できましたし、返済できるように計画して借金を行わなければなりません。

内容によってイメージが違う借金

不思議なもので、住宅ローンなどの大きな買い物ののために使う借金はイメージが悪いことはなく、 むしろあってあたりまえに思えるのに、カードローンなどの目的が不定の借金に関しては、ちょっとよくないイメージがつきまといます。 どちらも同じ借金なのに。 私も以前は良く親から借金をしていました。 車購入の際にローンを組んだこともあります。 どちらも私的には”良いイメージ”の借金だと思っていました。 しかし、今現在借金は0。 正直、もう借金はこりごりです。 借金はあたりませんですが、返さなくてはいけないお金で、 借りるときはもちろん助かってホッとするのですが、 その翌月から毎月追われるわけです。 私はその呪縛に疲れました。メンタル的に。 ですので、今後、よっぽどのことがない限り借金はしないと思うし、したくないと思っています。

借金はするものではない

住宅ローンはともかく、借金という概念が理解できません。消費者金融、ヤミ金、キャッシング、友人や知人など借りるルートは色々あると思います。貸してくれる人がいるとしても、お金を他人から借りるものではないと思いながら、生きてきました。 借金には、利子がつきものです。借金をしなければならないような人が、まともに利子を含めた金額を返すことができるでしょうか。利子を返済するために、借金を重ね、元の借金返済に追いつかないという話も聞いたことがあります。そういった悪循環も、そもそもは、自分がしてしまった借金が元凶です。どんな理由があろうとも、やはり借金などするべきではないのです。 簡単に人にお金を借りる人の感覚が理解できません。

時には借金も必用だと思います

ただし、もちろんお金を借りる先についてはしっかり考えなくてはなりませんし、借りてまでやるべき事・買うべき物なのかどうかということについて熟考する必用はありますが、単純に借金=悪というわけではないと思っています。奨学金などについては、親に資金力がなくても自力で教育を受ける機会を誰でも得ることができるわけですから、良いシステムだとは思いますが、返済は無い人がかなりいるそうですから、この点では問題があると思います。奨学金の返済が残っている人を『借金持ち』と考えて敬遠することはありませんが、奨学金の返済をしないで踏み倒そうとしている人については、絶対縁続きにはなりたくないと感じます。借りた物は返すことが、やっぱり重要ですよね。

夢の実現のための借金

借金は基本的にしたくないなと思いますが、やはり夢の実現のためにしなくてはいけない時もあるのかなと思います。 マツコ・デラックスさんがテレビで言っていたことがありました。「こんな容姿で銀行でお金を貸してくださいといっても貸してはくれないのよね。親は頼れないし。そいうときにサラ金でお願いするしかなかった。でもしっかり返したわよ。ホントにお世話になったわ。」というような内容でした。 なるほど、銀行だと貸してくれない場合もあるのかと思ったのでした。けれども、それと同時に安易にサラ金や、借金を重ねることで、簡単に自己破産に追い込まれるようなケースもあると思います。 全ての物事に通じると思うのですが、しっかりと目的をもった手段としての借金だったら、きっとその人は返済できると思いますし、大丈夫なのではないでしょうか。けれども簡単に目的もなくギャンブル等での借金を重ねることは非常に危険な選択だと思います。

借金の無い生活をしたいです

私の母は借金が大嫌いでした。 なので小さい頃から、人から絶対お金を借りてはいけないと事あるごとに、聞かされて育ってきました。 そのせいか、私も借金と言うといけない事、自分はしてはいけない事と、体に染みついている感じです。 幸い私は今日まで、何とか借金はせずに生活してこれましたが、それはやはり母の生き方を見てきたお陰だと思っています。 母は生活に余裕があって借金が駄目と言ったわけではなく、反対に貧乏な中での言葉だったので、説得力があったのです。 貧乏というだけで周りから少し馬鹿にされがちな中、人からお金を借りて下を向いて生きたくないというような、気持ちだったのではないかと、今は思います。 近所の人の前でも母は、いつも堂々としていました。 貧しくても自分の力で生きているという自信が、あったのでしょう。 それを見てきた私も借金をして、卑屈になりたくないと思ってしまうのです。

運営者プロフィール
ちはる画像
名前 あや
性別 女性
誕生日 11月25日
出身地 三重県
自己紹介 将来のことを考えながら、お金について勉強中です。